“帝国の慰安婦 告訴事態” 経過

2005年 9月

朴裕河《和解のために:教科書・慰安婦・靖国・独島》(韓国語版)がプリワイパリ社から刊行される。次の年、韓国政府の文化体育観光部の優秀教養図書に選ばれる。

2006年 11月

朴裕河『和解のために:教科書・慰安婦・靖国・独島』(日本語版、佐藤久訳)が平凡社から刊行される。

2007年 1月

日本語版『和解のために』が第7回大佛次郎論壇賞を受賞する。

2008年 9月

韓国ハンギョレ、徐京植のコラム「妥協を強制する“和解”の暴力性 」掲載。

2009年 9月

ハンギョレ、ユン健次のインタビューでユンの新著を 「朴裕河の本を批判した本」として紹介。さらに 同年12月同じ本を「 日本の右翼の賛辞を受けた<和解のために>を批判した 本」と紹介。

2013年 8月

朴裕河《帝国の慰安婦:植民地支配と記憶の闘争》(韓国語版)がプリワイパリ社から刊行される。 刊行後の秋から、慰安婦の方たち との交流。当事者の考える「謝罪と補償」について意見を聞く。 中でも、ナヌムの家に居住して いたペチュンヒさんと頻繁に交流。家族がおらず、日本語の堪能だったぺさんは朴によく電話をかけてきた。

2014年 4月

朴、慰安婦問題の解決方式に疑問を持つ日本学者、元駐日特派員ら と<慰安婦問題、 第三の声>と題する シンポジウムを開き、それまで公けに聞こえることのなかった元慰安婦の声を公開。

2014年 5月 13日

ぺさんに会いにナヌムの家を尋ねるが所長によって拒否される。その後もぺさんとは電話で話すが、 告訴の話はなかった。

2014年 6月 9日

ぺさん 亡くなる。

2014年 6月 17日

ナヌムの家の所長と弁護士、元日本軍「慰安婦」9名の名前で韓国語版《帝国の慰安婦》記述の109箇所を、虚偽であるがゆえの名誉棄損として、著者と出版社代表を相手に全面販売禁止を求める刑事訴訟を起こす。同時に2億7000万ウォン〔約2700万円〕 の損害賠償を求める民事裁判を起こし、出版差し止めおよび元慰安婦への接近禁止の仮処分を申請する。7月から 仮処分訴訟が始まる。

原告側が「慰安婦は自発的慰安婦」「慰安婦を非難した」とする報道資料を出したため、朴はその後 現在まで国民的な非難にさらされることになる 。 告訴の根拠となった本の分析はナヌムの家の弁護士の学生たちが行った。 告訴状には<和解のために>執筆やシンポジウム開催などの朴の 行為は“慰安婦像を汚染するもの”であるため、 “慰安婦問題の解決のためにならない”とあった。

2014年 7月

ナヌムの家の顧問弁護士、 「和解のために」を「青少年有害図書」として文化 観光部の優秀図書を取り消すように申請。

2014年 9月

朴、A4 150枚の反駁文を提出。原告側、9月の裁判を延期申請。

2014年 10月

原告側、告訴内容を53箇所に減らし、全面販売禁止の当初の告訴内容を一部削除を求める内容に変更。このとき、<帝国の慰安婦>が“戦争犯罪を称えているもので、朴の歴史認識は”公共善に 反するもの“とする 。

2014年 10月

仮処分裁判で元慰安婦ユヒナムさん「朴裕河が 日本から20億円もらってやると言った」と偽証。

2014年 11月

朴裕河『帝国の慰安婦:植民地支配と記憶の闘い』(日本語版)が朝日新聞出版より刊行される。

2014年 11月

言論仲裁委員会、歪曲報道に 関する朴の申請を受け入れ、連合ニュース、ハンギョレ新聞など4社に対して告訴に関する記事の修正や削除を命じる。

2014年 12月

検察、「犯罪リスト」としてまとめられた53箇所に対して2回の調査。 しかし 無嫌疑と 決定する。

2015年 1月

検事による調査が三回にわたって行われる 。しかし担当検事は結果を出さすに2月に移動。

2015年 2.17

ソウル東部地裁が《帝国の慰安婦》の出版禁止仮処分の申請を一部認め、34カ所の記述が名誉棄損であると決定する(仮処分)。

2015年 4月

新しく事件を担当した検事、調停を勧める 。以降検察による調停作業進む。

2015年 6月

朴裕河《帝国の慰安婦:植民地支配と記憶の闘争》の「第2版34カ所削除版」(韓国語第2版)がプリワイパリ社から刊行される。

2015年 9.30

仮処分への 意義申し立て申請。 十月、調停決裂。原告側の和解条件は,

1)謝罪、2)韓国語削除版の絶版、3)日本語版の削除。

2015年 10月

日本語版『帝国の慰安婦』の第27回アジア・太平洋賞特別賞の受賞が決定される(11.11授賞式)。 日本語版『帝国の慰安婦』の第15回石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞の受賞が決定される(12.10授賞式)。

2015年 11月19日

ソウル東部地検が韓国語版《帝国の慰安婦》の著者を名誉棄損の容疑で在宅起訴する。

2015年 11月26日

日米の学者ら54名が「朴裕河氏の起訴に対する抗議声明」を出す。

2015年 12月2日

韓国の知識人194名が「<帝国の慰安婦>の刑事起訴に対する知識人声明」を出す。

2015年 12月9日

韓国内外の研究者・活動家ら380名が「<帝国の慰安婦>事態に対する立場」を出す。

2016年 1月13日

ソウル東部地裁が判決を出し、韓国語版《帝国の慰安婦》著者に対し、9名のハルモニに損害賠償金計9千万ウォンを支払うよう命じる。

2016年 1月19日

朴裕河側  控訴

2016年 1月20日

第一回 刑事準備裁判始まる。朴、国民参加裁判を申請。

2016年 1月24日

原告側、 朴の給料の差し押さえを西部地裁に申請。

2016年 1月29日

第二回 刑事準備裁判

2016年 1月31日

朴、 《帝国の慰安婦》韓国語第2版をホームページで無料公開する。

2016年 2月24日

ソウル西部地裁が損害賠償金の差押えを認めたことを受け、世宗大が朴裕河氏の給与を二回にわたって差押える。

2016年 3月7日

仮処分異議申請に対する1回目の裁判

2016年 3月14日

控訴審を担当する 高等裁判所、強制執行停止申請を認め、 賠償金の半額に当たる4500万ウォンの供託金提供を命ずる。朴同額供託、差し押さえは4月から中止される 。

2016年 3月28日

東京で擁護派と批判派の研究集会 。

2016年 4月

3・28集会で 出た批判を韓国の ハンギョレ、シサインなどが報道。 韓国と日本の批判者による『帝国の弁護人-朴裕河に問う』 刊行 刑事本裁判のための準備裁判が1月から6月までの間に合計5回行われる。

2016年 6月

城南市図書館、<帝国の慰安婦>を 19歳以下は読めないようにしていたことが知られ る。出版社が、経緯を問う抗議文を送る。

2016年 6月 25日

<帝国の慰安婦> 起訴対象箇所 日本語翻訳 ダウンロード